ホームページ作成

当社ではホームページ作成のご依頼も承っております。

当社の強みとしてはホームページ作成だけが業務ではないパソコン全般のトータルサポートを業務として行っており、ホームページを作る際の

「写真を撮りたい」「動画を挿入したい」「画像を作って欲しい」「文章を考えて欲しい」「SEO対策も同時にしたい」

などホームページ作成に関することから、

「作成したホームページのQRコードのついた名刺が欲しい」「ホームページを開設したのを知らせるチラシが欲しい」「パソコン部屋を綺麗にしたい」「パソコンを買い替えたい」「ホームページ作成してもらった後自分たちで更新できるようにしたい」「従業員すべてがワード・エクセルを使えるようにしてもらいたい」

などホームページだけでなく、パソコンに関連することすべてをサポートさせていただいています。

単体で依頼するより遥かに安く仕上げられますので、いろいろなご要望にお答えできると自負しております。

また、
「公文書と同程度のしっかりとした文章作成を依頼したい(外注)」
「約款などの法律関連の知識を必須とする文書作成を依頼したい(外注)」
などの企業として世に出す表現に間違いがあってはいけない場合などにも他業主との連携により、お安く仕上げられます。

ご相談、お見積りは無料ですのでぜひ一度お問い合わせください。
>>お問い合わせページへ

▼目次

当社ホームページ作成はWordPressを使用しております。

ワードプレスロゴ

WordPressとは?

WordPressは、2003年にオープンソースのブログ作成システムとして公開されました。

オープンソースとは?

ソースコード(ソフトウェアの設計図のようなもの、プログラム)を無償で公開して、誰でも自由に改良・再配布できるソフトウェアです。
WordPressがオープンソースであるおかげで、世界中の技術者たちが開発に加わることができ、利用者のニーズに合わせてバージョンアップが繰り返されています。こうしてWordPressは、単なるブログソフトとしてだけでなく、CMS(コンテンツ マネジメント システム)として利用されるようになりました。

CMSとは?

ウェブサイトのコンテンツ(テキスト・画像など)のデータを管理し、それらをウェブページとして表示させるシステムです。

WordPressは圧倒的なシェアを誇るCMS

ワードプレスシェア率

W3Techsという調査サービスが発表した統計によると、世界中のウェブサイトのうち28.7%(2017年10月5日時点)はWordPressで作成されているというデータがあります。また、CMSで作られたサイトに限定すると、59.6%と圧倒的なシェアを占めています。

このシェア率は信じられないほど凄いことです。
普通に考えると日本人であれば日本語のCMSソフトを使いたくなりますよね?
他の言語を使う方たちにとっては母国語のCMSを使うとより作業が捗ることでしょう。

少なくとも日本語専用として作られている国産CMSソフトはたくさんあります。

たくさん選択肢があるCMSソフトの中でWordPressだけがこれほどのシェアを得ているのは後ほど追記するメリット・デメリットの部分でデメリットを打ち消すほどのメリットがあるということだと思います。

W3Techsが発表したWordPressに関する統計

国内でも、大手企業がコーポレートサイトの制作にWordPressを利用しています。

WordPressのメリット

たいへん人気の高いWordPress。利用するうえで、どのようなメリットがあるのでしょうか。

無料で使える

オープンソースであるWordPressは無料で使うことができます。個人での利用・商用利用を問わず、費用はかかりません。

WordPress自体は無料ですが、ウェブサイトの運営に必要なサーバーのレンタルや独自ドメインの取得には費用がかかります。くわしくは、後述します。

ページの更新をするには専門知識がいらない

コンテンツの追加・編集・削除などの作業は、専用の管理画面で行います。以前は、ホームページを開設するにはHTMLなどの専門知識が必須でした。しかし、WordPress管理画面での基本操作には専門知識やスキルが不要なので、簡単にサイトを作成できます。

管理画面は、Internet ExplorerやGoogle Chromeなどのインターネットブラウザで開くことができます。

ワードプレスダッシュボード

WordPressの人気の高さは、これからウェブサイトの制作を始めるにはとても大きなメリットです。なぜなら、もし使い方がわからなかったりトラブルが生じたりしても、解決しやすいからです。

書店に行けばWordPressに関連する本がたくさん並んでいますし、ウェブで検索すれば丁寧に解説されたサイトがたくさん見つかります。

テーマを使って、デザインを自由に切り替えできる

ワードプレステーマ

WordPressは、コンテンツの内容はそのままで、サイトのデザインだけを簡単に切り替えられるようになっています。その仕組みのことを、WordPressではテーマといいます。一般的なブログサービスで、「テンプレート」や「スキン」と呼ばれるものとよく似ています。

WordPressを使いはじめる段階で、標準のテーマがいくつか用意されています。他にも、無料で公開されているものや有料で販売されているテーマを利用することもできます。また、自分だけのオリジナルテーマを作ることも可能です。

プラグインで必要な機能を追加できる

プラグインは、WordPressの機能を拡張するプログラムです。必要に応じて、サイトにさまざまな機能を追加できます。

たとえば、サイト内のページを一覧表示するサイトマップを自動生成するプラグインや、簡単にお問い合わせフォームを作成できるプラグインなど、多種多様です。プラグインは、そのほとんどを無料で利用できます。

WordPressのデメリット

使い慣れると大変便利なWordPressですが、もちろん欠点もあります。ここでは、主に無料ブログサービスや無料ホームページサービスと比較した場合のデメリットを書いています。

管理画面の専門用語がわかりにくい

WordPressは、もともと英語で開発されているソフトウェアです。私たち日本人が利用できる日本語版は、WordPress独自の機能名などを翻訳しているため、理解しにくい用語が出てくることがあります。

運営コストがかかる

先ほど、「WordPressは無料で使える」とお話しました。しかし、WordPressを使ってウェブサイトを公開するためには、ウェブサーバーを用意する必要があり、利用するには費用がかかります。

ウェブサーバーとは?

ウェブサイトの表示に必要なデータを保管し、サイト訪問者のリクエストに応じてそのデータを送信する仕組みを持ちます。
小中規模サイト向けのウェブサーバーを用意するには、レンタルするのが一般的です。サービス内容により価格は異なり、月々数百円~数千円ほどで利用できます。

無料ウェブサーバーのデメリット

無料のウェブサーバーもありますが、「突然サービスの提供が終了するかもしれない」「広告が表示される」など、デメリットが大きいことからお勧めしません。特に、ウェブサイトをビジネスに利用する場合は、有料サービスを使いましょう。
また、ウェブサイトを専用のアドレスで運用する場合は、ドメインの取得が必要です。

ドメインとは?

インターネット上で、ウェブサイトの住所やメールアドレスの一部として利用できる文字列です。
たとえば、このサイトでは「blast鹿屋.com」というドメインを利用しています。「.com」の場合、費用は年間 2,000円程度です。

ウェブサーバーとドメインを用意できても、すぐにはWordPressを使えません。なぜなら、WordPressはウェブサーバーにインストールする必要があるからです。

カスタマイズするにはそれなりの知識が必要

メリットの部分で専門知識を必要としないと言いましたが、記事の更新や、新規ページ作成などは一度覚えてしまえば誰でも使えるほど簡単になっていますが、初期設定や、ある程度カスタマイズするにはWordPress独自の知識、HTML・CSS・PHPの知識が必要になってきます。

ホームページ作るにはどれくらいの料金がかかる?

ご自分でホームページを作る際に必要となる料金はWordPressであれば毎月のサーバー代と毎年のドメイン代程度です。

もし当社にご依頼していただける場合、サーバー・ドメイン・写真・文章をご用意いただき、デザイン・コーディング(検索エンジンが読みやすいように文章に機械言語のような意味付けをする作業です)のみのご依頼であれば3万円〜承っております。

まず必須のサーバー、ドメインこれを当社、ご依頼者様どちらが契約するかが一つの分かれ道です。

次に写真・画像・文章・動画などをどちらが用意するのかが2つ目の分かれ道です。
(ホームページ作成の際、一番時間がかかるところでもあります。)

次にSEO対策(検索エンジン最適化)をどの程度の頻度でしていくかが3つ目の分かれ道です。
SEO対策は1回手を入れたからといってすぐに検索トップに上がってくる程簡単なものではありません、時間をかけ、検索されやすいように少しずつ手を加えていき、その間にも他のページからリンクされやすいようコンテンツを増やしていったり、相互リンクをしてもらったり積み重ねが大切です。

Googleの検索エンジンに検索してもらいやすくなるように少しずつ対策を行っていく事になります。

そして最後に日々の更新、ページの改変、デザインの変更、データの保守(バックアップ)などを当社、ご依頼者様どちらが行っていただくかが最後の分かれ道です。

このように分かれ道が多岐に渡り複雑な契約形式になるのがホームページ作成業務の代行ですが、当社は出来る限りわかりやすく契約していただくためにある程度のパターンに分け、フローチャートを作成いたしました。
ご一読していただくとお問い合わせの際、スムーズにお話しが進みますのでぜひご確認ください。

>>フローチャート・料金表を確認する

ホームページ作成期間の目安

当社ホームページ作成のご依頼には基本的に2ヶ月程度のお時間をいただいております。

長いと思われるかもしれませんが、不具合のある若しくは未完成のホームページを世に出してしまうよりはより完璧なものを求めて行きたいからであり、そのためにはご依頼者様との幾度に渡る話し合いが大切だと考えているからです。

ホームページとは企業様にとっていわば顔のようなものであり、会社全体の信用にも関わってくるものと考え、当社は時間をかけて話し合いをさせていただくのが一番と考えています。

もし、どうしてもすぐ作りたいといったご要望があれば期間を短縮出来る事もありますが、最終的に出来上がるクオリティをお考えいただきますと最良の選択だとは言えないと思います。

それでもどうしてもこの時期までに合わせてホームページを作りたいなどのご要望があればお問い合わせの際、ご希望の日付を添えてお問い合わせ下さればご要望に添う事ができるか検討させていただきます。

実際にどのような手順を踏んでホームページを作っていくのかご確認いただいてお問い合わせをいただくとスムーズにお話しが進むと思いますのでご一読ください。

>>作成までの流れのページへ